心理学的な考え方になじめてますか?

最近は、日常生活のなかで自然な流れで、心理学的なものの見方を取り入れるようになってきました。

心理学は人が生きていく上で、思考や行動、文化や社会、感情や関係性など、ありとあらゆる側面で役に立ちます。

しかしながら、役に立つ心理学ですが理論だけを知識として持っていても、残念ながら役立たせることができません。
日常生活の中で心理学的なものを役立たせるには、訓練と実践が不可欠です。

だから、講習会を開き、実際に自分が体験してみること、その理論を使ってみる訓練、その訓練を日常生活で実践してみる体験が必要になるわけです。

現在国内でも、さまざまな心理学的理論に基づいて、いろいろな講習会を設け参加した人には、認定資格を授与するという形の講習会各地で開催されています。

先日、友人も「NLP」の初心者向けコースの体験講座に参加してきたそうです。
友人の参加目的は、ビジネスに結びつけたコミニュケーション技術の習得だったそうです。

「NLP」というのは、神経言語プログラミングのことで基礎的学問は認知心理学と臨床心理学をコラボさせた感じでしょうかね。

臨床系のカウンセリングを施すには、ある程度の時間が必要になりますが、NLPで知られているのは、時間を短縮して効果をもたらすブリーフセラピーがあります。

また、ビジネスや教育の場面で大きな効果をもたらすコーチングの技法など、実践場面で役に立つ理論を提供している各物の1つだそうです。

くわしいことは、NLP協会認定資格で人生とビジネスを豊かにするこちらのサイトが参考になります。

Posted in 資格関係 | Leave a comment