勃起障害を改善する医薬品の中でも、幾つかの種類の最強の薬効を誇るものの作用機序は、血管を拡張させ勃起のしやすい状態を作り出し、陰茎の血流を効果的に促進させるという仕組みです。これら最強の勃起障害の改善薬の主な特徴としては、勃起を抑制する身体の酵素のシステムに変化を与えるもので、勃起がしやすくなるように陰部の状態を整えることで、性行為の際に妨げとなる要素を排除します。この酵素の働きに変化を与え、陰部の血流を促すことで、勃起障害を薬により克服する事が可能とされます。
勃起障害の医薬品の成分は、性的な興奮を向上させるものではない為に、性行為の際には適度な刺激が必要です。これは陰部ではなく、脳の機能に関連するもので、勃起不全を解消する医薬品では対応ができないケースが多々見られます。
この性的な興奮を高める効能は、精力剤などに含まれる成分が必要で、脳内で性的な刺激に反応しやすい状態を作り出す事に加え、性的な興奮を増大させる事も大切です。
最強の勃起不全の治療薬には、血流を改善するという目的に加え、脳内の神経伝達に関連する成分が含まれるものもあり、複数の有効成分を配合してあるものの場合は、勃起を促進する上で多角的な作用が期待できます。
また、これらの医薬品と頭痛薬の併用では問題が無い事が多く、重篤な副作用なども報告されていないために、定期的に頭痛薬を服用している方でも安心して勃起不全の改善に取り組む事が可能です。稀に、頭痛薬と勃起不全の治療薬を併用することで、身体的な違和感を感じるケースも見られますが、この場合は数時間程度で症状がおさまる事が大半で、医薬品の血中濃度の低下と共に違和感も解消されます。