勃起障害の原因は、大きく分けて器質性、心因性、混合性、の3つがあります。
器質性とは、動脈硬化や糖尿病など体が原因で起こる勃起障害です。動脈硬化が多くなる40代~50代に特に多い症状です。
心因性は、ストレスや過去のトラウマなど心が原因で起こる勃起障害です。若い人に多く、20~30代の働き盛りの時期に起こりやすいです。
最後の混合性は、器質性と心因性の両方が原因になって起こる症状です。60代以降の人に多く見られます。
器質性、心因性、混合性、のどの勃起障害に対しても、治療薬は有効です。
最も効果が期待できるのは器質性の症状です。治療薬は血行障害を改善させる作用があるので、血行障害による勃起障害には高い効果が期待出来ます。
さらに、心因性の症状でも一度治療薬で成功体験を身につけさせることにより、自信を回復させて症状を改善させていける可能性が高いと考えられています。
混合性は器質性と心因性の2つが原因になって起こる症状ですから、上記のような理由で改善効果が期待出来ます。
治療薬は、医療機関に行けば処方してもらって購入が可能です。それ以外には、ネットの海外通販で購入するという方法があります。個人輸入と言って、海外から自分で取引して薬を取り寄せる方法です。
ただし、本当に自分だけで輸入しようとすると、書類手続きが難しく、税関のチェックで購入した品物が回収されてしまうことがあります。なので、一般的には個人輸入代行業者を通して買うことになります。
個人輸入代行業者はたくさんいますが、その中から信頼できる業者を見極める力が要求されます。最低限守るべきは、聞いたこともないような業者に依頼しない、サイトに見かけに騙されない、ということです。